Re Genesis! 第2章

施術料金

施術費用
【ボディライトニング施術費用】  (税別)  【所要時間】 30分

大人     5000円
小学生    3000円 
7歳児以下 2,000円
犬・猫    3000円


【リ・ジェネシス施術費用】 (税別)   【所要時間】 50分

大人   10000円 (小学生以上から)

*どちらも妊娠中の方も安心して受けていただけます。

【オプション】

フェイシャルケア  アクアジュールコットン  2000円
ハンドケア         1000円

会員制について
ボディライトニング、リジェネシスは、「病気治し」ではない仕組みをご納得いただいた上でお受けいただくため、施術会員制を取らせて頂いております。

施術をお受けになりたい方は、その日から施術会員となれます(署名のみ。捺印、住所等は必要ありません)。施術会員は、入会金も年会費も必要ありません。また、退会も御自由です。但し、未成年の方は保護者の同意が必要です。

◆ここに行けば幸せな気分になるそんな空間を作っていけたらと思っています。
是非お気軽にお越しください♪

施術者:橋元美加子
連絡先:arles-arulu@t.vodafone.ne.jp
サロン:♪品川サロン (品川シーサイド徒歩7分/天王洲アイル徒歩7分)
     出張もお受けしていますのでお気軽にご相談ください。(別途交通費)
[PR]



# by regenesis | 2013-11-10 17:41 | 施術料金 | Comments(0)

spiral earth

b0309813_22472939.jpg
ガジュマルの森でインディアンフルートを習う前に
みんなで円になって手をつないだら
左にいたポールからエネルギーがぞくぞくっと伝わってきた
そのあと頭上から自然のエネルギーが降り注いで
最後に自分の内側からのエネルギーがうわっと湧き上がった

そんな初めての体感を第3者のように眺めていたら
はっとした
このエネルギーをとどめずに隣の人に流さなければ

右手へと気持ちをゆるめその電流が
この円でつながれた手がほどかれる前に
伝わるようにと願った

自分の心の解放とともに
エネルギーの循環のゆくえを思った

誰かから受け取り、自分のものを加え、自然の力も加わって
どんどん大きなエネルギーになるはず
そこで生まれたエネルギーをどのように使うか

「才能とエネルギーをあなたが信じることに使おう」
パタゴニアのキャッチコピーを思い出した
b0309813_22483367.jpg

[PR]



# by regenesis | 2013-11-07 15:12 | 日々の出来事 | Comments(0)

屋久島

機体が雲をつきぬけると真っ青な空
這いつくばってみる苔
車の上からあびる風
私の半分の高さの子どもの世界

b0309813_025251.jpg
どの高さでみるか
360度ゆっくりぐるりとして円い地球をご覧ください。
あなたの視点に取りこぼしているものはありませんか?
そんなメッセージがこめられた旅



自分にとってゆるやかに居場所となっていた場所
新しくなった歌舞伎座に出演する機会をひょんなことでのがし
きっとその時期に自分にとって大事なことが別におこるんだろうと
少し楽しみに思っていたことを思い出した

そうか
これだったか。
行くはずの人がいかなくなって
なんとなく声をかけてもらって
いくことになった

台風で直前までどのように運ぶのか不安もあって
なるに任せるしかないと旅だったら
すべてがするすると
まるですべてが準備されているように
うまく運んだ

私が体験し、気付くことを願った何ものかの
見えない力が働いているのがわかる
導いていくもっと先まで
きづけるように
ここにすこし記録しておくつもり

朝いちばんの便で羽田から鹿児島へ
港に着くや予定していた便が満席とある

屋久島では待ち合わせもして午後の予定もあるのに
予約しなかったことを後悔した
キャンセル待ち14名と告げられるも、ここで停滞してる場合ではない
額に意識を向け念じると、ぎりぎりで呼ばれて、滑り込む
ほっとして事後報告とメールをしていると
海上が不安定なため条件付き運行であることと行き先が変更となったことがアナウンスされた

困ったなと思いつつも、しばらくすると携帯もつながらなくなり
ついてから観光協会に相談にいこう
そうしてる間に睡魔に襲われ眠ってしまった

ずいぶん揺れたわね
行き先変更の件であわてていた私を気にかけてくれていた
隣のご夫婦に話しかけられたが寝ていて全然気づかなかった

バスの少ない土地でさてどうしよう
ついて相談しに行くと今日は非番だという観光局の男の子が送ってくれるという
一番いいところまで送り届けてくれて
私はようやく待ち合わせた人のもとにたどり着いた
b0309813_04071.jpg

その後ヤクスギランドへゆき、私の気持ちよさの原風景
森の中をしぶきをあげて轟々とおちていく滝に出逢う
b0309813_045425.jpg

b0309813_072757.jpg

b0309813_07577.jpg


すごいすごいと
ただただ興奮して同じ喜びの言葉を繰り返す
b0309813_053210.jpg


エメラルドに透き通りきらきら光りを浴び美味しそうな水辺で
彼女が宿で作ってもらったおにぎりをほおばった
紫蘇の実やヒマワリの種などがはいった絶妙な触感
b0309813_095972.jpg
b0309813_0101683.jpg
b0309813_0103239.jpg

b0309813_0112746.jpg
b0309813_01145100.jpg

ランドといえばディズニーランド
軟弱な私は4時起き、12時間縄文杉コースは早々に諦めて
その魅惑の響きにすこし油断していた
本物の自然の力を目の当たりにしてこの島の真剣な表情を知り始めた
b0309813_013421.jpg
b0309813_0132472.jpg

b0309813_06252.jpg


ピックアップしてもらい、この旅のメインの一つだった
インディアンフルートの演奏会にいく
電燈のない真っ暗の道をあるいて夜の海が目の前に広がるスタジオ
この芝生に寝転んでききたいくらい

その響きは素直で暖かく
身体に残っていた山をあるいた心地よいリズムや
焼酎のお湯割りが

知らずにのこっていた緊張をほどいていく
外では子供たちが跳ね回っている
時折 窓越しに変な顔をしてみせたりしておもわず吹き出してしまう

休憩時間に3歳の女の子が自分のお菓子を配ってまわっている
自分の分はなくなってしまいそうなほどに

猫がよこにきてそのふわっふわの身体をなでさせてもらいながら
どんどんねむたくなっていった

深夜ハーブティや美味しいパンをいただきながら
家主のきらきらした話をきく

それはとっても素敵なふたりの物語のはじまりの話

夜みんなで一斉に眠りにつく
明日はガジュマルの森でインディアンフルートを習います。
b0309813_0322634.jpg


2日目
b0309813_016882.jpg

ぐっすりねむる
素敵なご飯のあいさつをきいた

太陽ありがとう
大地ありがとう
この食べ物を食べて
心と体が強くなりますように

詳細はことなるけど
私の中に残った言葉

澄み渡る快晴
最高の山日和とみんなが喜ぶ
出発するとまもなく
b0309813_0154783.jpg

b0309813_0194598.jpg


道路に横たわる動物
空を旋回する鷲なのかとんびなのか
空っぽになった尊いもの
連なって目的地を目指していた車は順番に脇に止まり
朝までは命を宿していたその入れ物を土に帰すため戻っていく

美しく咲いていたふたつの朝顔をみつけカメラをとりに車にゆき、
戻ってみると男の子の手にそのふたつは摘み取られていた
女の子の手にも、もうひとつ
がっかりする気持ちと同じものに目をとめた喜びと
なんだか心の中で
そうきちゃう?とくすっと笑っている自分がいた

花の命の終わりが子どもの手に摘まれることは自然なことのひとつ
眺めてその美しさを喜ぶだけがその一生ではなかった

b0309813_0174626.jpg
覗き、指を突っ込み
カメラをむけると押し付けてくる
b0309813_0164994.jpg
b0309813_017253.jpg


しばらくすると朝顔がふたつ道に落ちていた
男の子のおとしもの
それを道のさきで命を終えたものへとおき直し、車にもどる
生命の循環
子どもと大人も思いをつなげあっている

b0309813_0191823.jpg

森深くなると車の天井をあけはなって
そこから体をだして
光も風も森のすべてを身体に浴びる

足元で私も~という子供を抱きしめて
一緒にみんなで顔をだす
ずっとずっとみんなで風を浴び続けた
いくらでも抱いていられる気さえした

森の入口でもらった宝物
今日のお守り
b0309813_0181323.jpg

b0309813_0211730.jpg


ふかふかの土
身体を支えてくれる木のすべすべした肌触りがきもちよくて
どんどんたのしくなる
b0309813_018494.jpg

b0309813_0213741.jpg

この世で一番おいしいかもと思えるお弁当をたべ
それぞれインディアンフルートを選ぶ
初めてのレッスン
ポールのガイドに従って練習する
第一に石
第二に木
第三に人

b0309813_020389.jpg

石も木もこの世のすべてが人間を全力でサポートしたいと思っている
なぜなら人は愛を創造できる生き物だから
そうつたえられ
自分の中にあることばだと思うけど
どこできいたんだっけ?
記憶をたどりながらも
やさしく響くポールの言葉に意識を戻す

この世に間違った音はないんだよ
自然の声に導かれて音をかなでればいい
そうして
私たちは一音一音たどたどしく音を奏で始めた
b0309813_0303972.jpg


b0309813_042639.jpg
どんどん森の奥にはいっていき
好きな場所で半刻
自由に音を奏でる
b0309813_0312566.jpg

シカの親子が通りかかったり
大勢のサルに取り囲まれるものもいた

b0309813_0314829.jpg
大きな石の上で奏でるその石にさした光をみつけたり
私の足元には虫たちが光のサスを横切っていく
鳥と話すつもりでその鳴き声に合わせて
笛を空にむけると音がやさしくふわーとむこうに放たれていく
b0309813_0335260.jpg


終わるころ
手首に力が入っていた自分にきづく
明日はもっと優しくこの楽器をもとう
b0309813_0341731.jpg


ただただ
みんな笑顔に包まれつづけている
やったことない変顔を集めて動画をつくり
b0309813_0355533.jpg

それをみて笑う
みんなでそのまま夕陽をみにいき
フラフープしてまたげらげら笑いあう

b0309813_0372749.jpg


冷えた体を尾野間温泉で温めて
b0309813_0381113.jpg


宿に戻り丁寧に作られた美味しい食事をいただく
b0309813_043417.jpg
b0309813_0432337.jpg
b0309813_043537.jpg


宇宙に出かけたような満天の星
天の川の上を流れ星が通り過ぎる
宿主が空に浮かぶ星をふつうにおしえてくれる
東京では見えない星たちの名前

デッキの上に寝転んでいつまでもいつまでも
星を眺めていた
b0309813_0453495.jpg

その夜は灯りを消した暗闇で
楽しかった森の時間を
とつとつとはなす

それぞれがこの旅の意味を紐解いていく時間
その夜も気付かぬうちに眠りについた

3日目
b0309813_0475023.jpg
b0309813_0481544.jpg

朝陽をみよう
夕べ手元に来たインディアンフルートを持って
好きな場所で朝陽を迎える

b0309813_049991.jpg
静かな太陽
海を見下ろして
目の前をオレンジの光が雲間からもれて輝く

b0309813_0495833.jpg
船が一艘二艘ゆったりと横切るあいだに
朝陽は顔をだしていく

b0309813_0502767.jpg
朝陽で顔を洗う
心を洗う
そんな思いで
やさしく相棒をなでる
これからよろしくね
アルル
そう呼びかけて
大切に思う名前を声にした

自然の声にあわせてここちいいとおもう音を探し奏でる
おはよう
そう伝えたい人の顔を思い浮かべていく

b0309813_055115.jpg
向こうで彼女の音色がはじまった
そのそばに行きハンモックにねて
その音にたゆたう

b0309813_19462.jpg

b0309813_123156.jpg
b0309813_192667.jpg


さあ朝ごはんを食べよう
いただきます。
心からの思いに自然に手をあわせている私がいる
あっという間にでかける時間
ばたばたとあわただしく宿を後にし
ひとり登山
白谷雲水峡へ
b0309813_194086.jpg
b0309813_194880.jpg


荷物を港に預けて
バス停につくと女の子がひとり待っていた

行き先が同じとしり
なんとなくバスも隣り合わせにすわる
帰りのバスがあるから途中までしか行けないと思っていると告げ
でも一緒に歩みをすすめていたら
無心の彼女のペースにひっぱられ
いけたらうれしいとおもってたところまで思いもかけず、はやくついた
b0309813_1102970.jpg
b0309813_1103937.jpg
b0309813_1105014.jpg

これなら太鼓岩までいけますよ。一緒に行きましょうよ
そう言ってもらわなければ行こうと思いつかなかっただろうところまで
たどり着いたとき
b0309813_111963.jpg
b0309813_1112177.jpg

きついけどなんとも爽快な気分に高揚してる自分がいた
そこにいた数名のガイドさんが
この崖を逆さにねると最高なんだよ
「ぜったい怖いからいいです~!」というのに
なぜかそのツアーのメンバーでない私が一番の餌食になった
へっぴり腰ながら手や足を預け逆さにねると
絶景!
できるなら写真を撮りたいけど
スリリングすぎてその一瞬を心に焼きつけるので精一杯

b0309813_1113719.jpg

すごいきれ~!
その一言にみんな「私も」とその後続いた。
どんどん大胆に崖の端までいってる
目的よりもっと先
そんな場所についてみることができたご褒美のような景色
その高揚の様子はこんな感じ笑↓
b0309813_134316.jpg

b0309813_1141821.jpg
b0309813_1142964.jpg

またハイピイッチで下り
ここまできたら大丈夫だねとお弁当をひろげた
ところでいくつなの?
あれ同じ干支
もしかして年女?
うわ~
名前も似てるし、仕事も同じ感じだし
すごい縁だね~
不思議な縁で時間を共有した
なんともいえない感触
彼女は港まで見送ってくれた
b0309813_1151522.jpg

いつまでもいつまでも幸せな気分が続いて
一番くったくたになった山登りだったけど
楽しくてしかたなかった

自分の限界をすこし超えるような心地よさ
三日とも
まるで性格の違う山に出会った

そして一番いい表情の屋久島の笑顔を見せてもらった気がした

すべてに感謝
ありがとう

感じた深いところのことはこれからゆっくり
染み出てくると思う
この島のどこからも溢れ出してくる水のように
そのうちに

おやすみなさい
b0309813_0471113.jpg


おまけ
サルの親子の穏やかな午後
b0309813_14999.jpg

[PR]



# by regenesis | 2013-11-01 01:34 | 日々の出来事 | Comments(0)

【Atelier Afua】神無月の昼宴の模様

秋といえば美食と芸術
ということで、秋深まる神無月は美味しいお料理とアートワーク
そしてボディライトニングのコラボレーションをお楽しみいただきました。

b0309813_21245129.jpg
お客様6名。奇跡的に近くで用事があった母も合流っ。
今回は全員知り合いだったので、一人一人出逢った背景を紹介しながら、自分が出逢ってきた素敵な人をまた紹介できる幸せを感じ、かなりハイテンションにお送りしました笑。

そんなブルドーザーのような風船のような私を地につなぎとめてくれるのがAfuaのメンバーです。はい
いつもありがとう!

ここに来れば元気になる。
そういう空間をつくりたいと毎回楽しんでおもてなししていますが、結果的にはいつも自分が触発され次の日、そしてその次へのエネルギーをもらっています。
今回もお料理美味しかったなあと家で丁寧に料理したらいつまでも余韻が残るご飯ができたり。
お掃除しよっ☆とか笑
あの子のようにやさしい雰囲気をまといたいなとか。

やはり人のエネルギーは循環し、バトンを渡しあっている。
そのことを毎回感じます。

だから会を重ねるごとにそれが加速しているようにも感じます。

さて今回で9回目となりますが、半年前にリジェネシスを受けてくださった方が
半年の自分の変化がすごかったから、今回のボディライトニングも楽しみなんだと参加してくれました。

私たちは結果を追っかけて、前回の施術がどうだったとかどのような結果があらわれたかをお客様に尋ねません。
それはご本人が観察して気付けばいいことで、そこへの干渉は不要と思っているからです。
自分自身への自立的な姿勢でしか、この世界は変わらないことを私自信がここまで学んで確信しています。

ボディライトニング、リジェネシス、どちらも結果をどのような形で受け取るかはほんとにわかりません。
ただ一つ確かなことは、確実に起こり始めるということ。

自己免疫力のスイッチが、どこから修復するか、またはどの事象に一番に取り組んでいくかはもうその方の魂次第なのです。

そこが自立的で、本人の自由意思を尊重していてこの施術の素晴らしいところと自負しています。

体験したことのないことを踏み出すことは、なかなか勇気がいるけど
美味しい料理を食べに行ってみようかなとこのサロンパーティを利用してもらえたらと思っています。

パーティはちょっと気恥ずかしいという方は普通にサロンに来ていただくのももちろん歓迎です。
それはそれでオートクチュールの時間をお届けすることになります。

今回楽しみすぎて写真を撮っていなかった!
b0309813_21252354.jpg

b0309813_21254688.jpg

【今後のAtelier Afua開催予定】 
11月23日(勤労感謝の日)
12月22日(クリスマスパーティ)

それではまたのご来場を楽しみにしております。
主催:Atelier Afua
[PR]



# by regenesis | 2013-10-22 21:30 | Atelier Afua | Comments(0)

空の上の図面

drawing on empty
b0309813_21132722.jpg

こんな世界があるんだと感動を共有する体験は
その後の人生の想像力を増やしてくれると思う。

b0309813_211341100.jpg
スポーツに関心の少ない私が、近隣住民だったおかげで思いがけず機会を得たスポーツ祭。
開会式、閉会式に参加しただけなのに、最後の閉会式を終えたときの寂しさには自分でも驚いた。

EXILE TRIBEもダンスと音楽でみんなを元気に!という明確な目的を全員が体現していて会場を盛り上げたし、大会全体を通して関わる人の健やかな精神が現れていて終始気持ちよかった

屋根のないスタジアムは、感動する気持ちが空に広がっていくような解放感があり
b0309813_2114297.jpg

朝は流れる雲を、
夕暮れにはピンクから濃紺に色を染めていく夕景を
そして夜には輪郭を濃くしていく月を
自然の美しさと同調できる空間だった

式典最後に歌われたオペラのアリアでは
響き渡る声が頂点に達すると同時に、月にかかっていた雲がゆっくりと掃われ、
その端から煌々と輝く月が現れた

砂漠と月とアリア

そうだった
叶うならいつかそんな光景に出逢ってみたいと願ったことを思い出した

b0309813_21141685.jpg
一つのきっかけで
広がっていく自分の宇宙
自分の関心を超えてかかわることで
埋もれていた意識が立ち上がってくる


大会のキャラクターだったゆりーとの愛らしさやテーマソングにかつてない愛着をかんじたりして
そんな自分の無邪気さもよいと思う

この一体感は想定外としか言えないけど、確かに夢や希望が7年後のオリンピック、パラリンピックへつながれたと感じるイベントだった。
心を一つにする素晴らしさをまた追体験し、7年後の自分の役割に思いをはせる。

今夜は朧月夜
キンと冷えた空気に香っていた金木犀もおわりかな

深まる秋をこえてもうすぐ冬になる
[PR]



# by regenesis | 2013-10-18 21:20 | 日々の出来事 | Comments(0)

Just Live Colorfully!
by regenesis
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

最新の記事

地球茶室
at 2018-02-22 11:52
ルレクチェ
at 2018-02-12 20:00
そとの景色
at 2018-02-01 14:50
くつろぐとこ
at 2018-01-31 00:39
さあどこかへでかけよう
at 2018-01-30 23:08

フォロー中のブログ

最新のコメント

行こう行こう^^
by regenesis at 01:54
4代目! 暖かくなった..
by せき at 19:05
ぽてくん♩店主は4代目に..
by regenesis at 17:01
そうだね。所有もしないし..
by regenesis at 08:09
所属するところは、心の居..
by shin at 17:44
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 15:34
ありがとうございます。あ..
by regenesis at 16:08
木登り気持ちよかった~。..
by regenesis at 16:06
こんにちは お誘いあり..
by tsuki-sirousagi at 10:26
空気がきれいって感じがす..
by tsuki-sirousagi at 10:24

最新のトラックバック

外部リンク

検索