Re Genesis! 第2章

<   2015年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧




ミックモックな彼女

2000年に突入する大晦日
地に足つけないぞーと
ジャンプした仲間がいる

仕事場を遊び場と化し
笑いころげ
食への飽くなき欲求を満たすべく
ランチにいったら
なかなか帰ってこない
行く場所どこでも強運を呼びこみ
不思議な出会いに満ちた日々

胡椒のようにピリっと小粒で
ユーモアのスパイスの聞いた楽しい人

学生をとうに通り越してるのに
年上だけどいつまでも学生のようで
彼女に出会ってなかったら
私は
ちがう人生を歩んだと思う

良くも悪くも
宣言通り
地に足をつけることなく
ふたりとも今に至る

そんな彼女から

「明日高尾山行かない?
近所を散歩するみたいな気楽さで」

「Okay」

「じゃ明日晴れたら連絡する」

「ラジャー」

短いやり取りですが

2人であうのは10年ぶり

会ってないわけじゃないけど
通り過ぎるように居合わせるのと
会うのはちがう

翌朝
ぱぱっと
瞬発的に出かけた割に
自覚はないけど普段着が山登り仕様なのか
いでたちが万全すぎると笑われる
おにぎりまで持参したちゃっかりさ

言い出した彼女はミッドタウンの職場にいくのと同じスタイル

なのに

私の倍の速さで先頭をどんどんあるくのは昔と変わらない
トップギアに息を切らせながら私は近況を話しながら
ついていく

彼女の野生の感も健在で
大丈夫じゃない?と私が気の向くままに進んだ道を
修正したり
ともに勝手気ままだったはずの昔を思い出す

頂上では富士山もみえる絶好の紅葉狩り
b0309813_118697.jpg

b0309813_1191367.jpg

山脈の連なりと雲海を
雪舟の絵みたいとか
ボルビックだとか
相変わらず振り幅が広い感性
b0309813_119402.jpg

青に映える紅葉をみてたら

桜の木の下から見る青空をイメージしたと
和紙の紙すき見せてくれたのを思い出した
そんな気持ちで作るのかと新鮮だった

おでんやワインやお弁当を広げて
大勢で堪能している人々が
「みんな平和で楽しそうだね」
来年みんなでやろうよとのりのり
b0309813_1202277.jpg

おにぎりを食べてたら
今年の夏に甥のためにつくったという
じばにゃん(妖怪ウォッチ)のキャラ弁を
みせたいと携帯に眠る写真をさがしだしてくれた

2週間かけて構想と試作を繰り替えしたというので
頭の中で膨らんだイメージがあったが

見た瞬間ぷはっと吹き出した

そうそう
誰よりもクリエイティブな魂を持ちながら
手先がめっぽう不器用
枠にはまらないダイナミックさがあるのを忘れていた
ちゃんと特徴はとらえていながら
結構独創的人なのだ

知人からは
「いじめの原因になるからおやめなさい」と
たしなめられたときいて
さらに吹き出してしまった

薬王院では
「願うより懺悔だね」と
謙虚さが欠落して
調子に乗ってきたこれまでの人生を
共に反省しながら
でもおそらく
次にあうときも
また調子に乗ってたねと
一緒に懺悔の祈りを捧げてるかもしれない

あんたあほやね〜
とつっこみがい満載でなんども
大笑いして
そんな風に
お腹から笑うのが下手になってる自分にきづいた

やっぱり
天賦の才の持ち主

笑いの

帰りはリフトに乗りたいというのが
彼女のリクエストだったのに
横で怖がてるので
「揺らしちゃおかなー」
とからかっては
足をぶらぶらしながら
らくちん下山

最近できた温泉に浸かって
お互いに少しは
大人っぽくなったね

煌々と輝く丸い月の光を浴びたけど

たぶん
それはひとからみたら気のせいだろうね

私的には競歩並みのスピードだったもので
帰ったらくたびれてた。
今日はふくらはぎにハリが。。
でも温泉効果は持続
あの温泉いいかもっ

今日は朝から雨がふってる
昨日の快晴は高尾山がおいで〜と迎えてくれたおかげだった
天狗の神様
いい時間をありがとう!
[PR]



by regenesis | 2015-11-26 01:44 | 日々の出来事 | Comments(0)

Tone of Gravity

Body Lighteningコンベンション@仙台 秋保温泉
2016.11.7-9
b0309813_1522379.jpg

ボディライトニングで学ぶ霊学は
実生活に役立つ法則がいくつも学べる

例えばこんなケースだと といって
わりと日常に溢れる例題に
私なら4パターンの法則で観察するなとおもったり

そんな風に日々起こる現象を型で
読み解いていく

それは国語の読解であり、
数学の証明問題のように
結論を起点に論理を組み立てるのに似てる

私は国語と数学の証明問題が大好きだった。
それ以外は何も好きじゃなかったけど。
思えばこのアイテムは私ごのみなのだ。

私にとってはパズルのような、ゲーム感覚

イタリアから帰ってきてそんな話をしていたら、
法則法則って会ってから3回言ってるよと。
まっ楽しんならいいけど
と苦笑いされた

今年はいままでになく
もたもた行くのを迷ってたコンベンション
それは核心に触れるのを恐れてたせいだといまはわかるけど

わからないことがわからない
いや正確に言えば
見て見ぬ振りしてたやっかいなテーマに
向き合う覚悟を自分に問うのに時間がかかった。

一ヶ月前のこの日までに決める!
自分できめたタイムリミットの日
面白いくらいにその答えを促す事象に出会えて
制限を加えると人はこれほど思考が加速するのかと新鮮だった

「ああ ここだったかあ」
「確かに何度かお会いしましたね。」
「でも見て見ぬ振りしたした〜」
笑っちゃうけど
ほっとした

みつかると案外けろっと
怯える自分の隙間をすっとぬって
そこだ!と
ずばっと掴んでとりさった
早業のメス捌き

とげがぬけたように
楽になった

何度もなんども
小さな霧を払うように
目の前の問題を解き続けてこなければ
やっぱり向き合えなかったのかもね

とげがささった
原因となる行動特性も
かえてみたら
とげがささらないようになるかもと
そこから実験してる

いまのところ
温泉に浸かってる自分のままで
いられる気がしている

コンベンションは自分の変化を加速させる
タイムリミットのように働き
いってみたら答え合わせのようであり
ご褒美をもらえる
不思議な場所だった

竜宮城のような
宇宙旅行のような
重力の違う場所にいった
からだの感触

夢ごこちなのに
やけに脳は冴えてる

この地球のどこからもどるより
時差を感じる

友達にあって
夜中まで話して
温泉入って
霊学きいて
宴会して
プレゼントもらって
ふつーに楽しんでる間に

エネルギー体の自分になる懐かしさなのか
毎回だけど
心底たのしい

過去の記憶も未来も
もちろんいまも
丁寧に洗って
核となる部品を磨きなおして
からだにもどされる

からだから抜け出てるかんじ
時間の枠もゆがんで

そんな不思議な空間を体験してる
変な人生ですけど

少々、からだから逸脱するくらい

まいっかと思ってる
[PR]



by regenesis | 2015-11-25 09:02 | Body Lightening | Comments(0)

夢の宮殿

b0309813_1812628.jpg

秋が長く続けばいいと思っている私は
冬の訪れには鈍感です

手の冷たさをふいに感じて

紅茶にカルバドスを落として飲みたくなって
そろそろ秋を手放さなければと知る

秋はいち早くさぐるくせに
脳をだますのは得意なの

からだの内側で何かがカクッと動くと
私の踊りは無音からはじまる
からだが動きたいように空気の重さをすくい上げたり
流れに沿わせてみたり
オーラを感じながら施術するのに似て
空気の層をぬって
踊りだしたくなる

家具をぬって
うごかす
そこがいい

観客はいない
とりとめない表現

わたしの絵もわたしの文も
おどりも
たまに見直すと

同じ気配

私が持っている核はもっと
はっきりした色なのに
にじませて
表現される

他人事みたいに

表す一部に
だまされないでと
思ったりもする

が、そんな心配もいらない

みんなは賢い
だまされてるのはきっと私自身

部屋に戻って
気分のあう音を探して

なんておいしいっ

そうおもいながら
カルバドスが香る紅茶をふくむ

さて

氷の花火 
山口小夜子さんの生き様を記録する映画をみた

忘れがたい人
忘れられない人
ということばに集約されるとおもう

ランウェイをなめらかに歩く姿がなんども心によみがえっている

わたしも魅入られたひとり

それは着物をきた女の人のやさしい足さばき

花魁がぽっくりを綾のようにからめとりながら歩くのに似て

やわらかく包み込む美

シンボルのようにみえる
印象的な髪型やメイク
流行をしめだすように
一見
頑なにみえる変わらなさは
日本の文化でいう型だ

その内側は
こんなにも柔軟に革命を起こし続けた
人だったのかとそのギャップに驚く

からだという入れ物をとおして
じぶんの内側をさぐる
おどりだす動機に親近感も感じて
切なくなった
会ってみたかった人をまたひとり見つけて

春の頃
幸運というほかおもいあたらないほどの幸運さで
この映画の中のシーンを撮影している場に居合わせた
「小夜子さんはね」
そう他人事のように自分をかたる客観性をもっていた人

もの音をださないように
息をこらして耳を澄ましたあの日

求められる自分をほんわりと
眺められるひとだったのをしる

仕事を受ける時の意識
収録されていなかった言葉もいま思い出される

なんて宝のような時間だったか
いま、この作品に出会えて
また心が潤う

夢の中で会ってみたい

「あなたと話してみたいです」
心のポストに手紙を投函した

いつか返事がくるかしら
[PR]



by regenesis | 2015-11-23 18:47 | ART | Comments(0)

イタリア記

忍者なみの素早さと警戒心で街中をすりぬけ
イタリアを縦断
移動移動の日々ながら
直感的に各都市の空気にふれていく旅
b0309813_16261787.jpg

午後のミラノ
白いドゥオモは曇りの背景
基本広場前は鳩だらけで逃げ回る

b0309813_1504337.jpg

スフォルツァ城にて
何気に好きなクラシックカーショーが開催されていた
美しいフォルムの車たち
b0309813_13261876.jpg


ミケランジェロに始まりミケランジェロに終わる旅
b0309813_13265143.jpg
旅のはじまりに見た
未完のピエタは
ミケランジェロがなくなる2週間前まで彫っていたという作品

ノミのあとがのこす臨場感

完成されていないからこその
暖かい質感

大理石のなめらかな
完成された作品とは異なる包容力

完成とは何か

本来は作家しか出会うことのない
過程にある美

美の連続帯として
どこをきりとっても
結局
美しいものは流れの中で美しい
b0309813_15534395.jpg

夕暮れのミサ
大聖堂のドームの中で響く賛美歌の洗礼
人々が日常の祈りの場としている事実
b0309813_151533.jpg

スカラ座に吸いこまれていく正装した人の中に
着物をきた女性がいた
圧倒的に美しく目を引いて
いつかスカラ座でオペラをみたいと思った。
b0309813_16423163.jpg


ベローナ
b0309813_1564660.jpg

ジュリエットの街で舌鼓
b0309813_1571594.jpg
b0309813_157174.jpg

ヴェネツィア
b0309813_1582148.jpg
時間から解放されたゴンドラ遊覧
b0309813_1545497.jpg

はじめて目の当たりにする迷路のような街
夜の光と濡れた石畳の風情が魅惑的
b0309813_1541171.jpg
異国感を満喫
b0309813_1331521.jpg

声をかけられ怪しいと最終的にはツレなく対応した人が
帰りの水上バスの船長だった。
あやしいと思い
あしらったのになぜか気に入られ
船長の横の椅子に案内され、
帰路舵を取った
ためしに右に回し続けたら、やんわりとすべて戻された
副船長ミカエル
イタリア唯一のモテキ
b0309813_158370.jpg


フィレンツェDuomo
b0309813_1331386.jpg

b0309813_13324472.jpg
回廊を黙々と昇る途中
クーポラの天井画を手を伸ばせるほどの距離でみた
躍動感のある筆使いに感動
生きた人の息遣い
b0309813_1332018.jpg

てっぺんから見る街並みや風は爽やかとしかいいようがない
b0309813_13322137.jpg

b0309813_15184642.jpg

b0309813_1519163.jpg

東日本橋にもあるイノシシのレプリカ
b0309813_16495492.jpg
本物はウフィッツィ美術館にあり
鼻をこすると幸運になるとしりランチに行くたびに触っていた
その甲斐あってかイタリアで再開?

サンタアリアノヴェッラ本店
美術館と見まごう重厚さは必見!
b0309813_16463076.jpg


カプリ島
b0309813_13333583.jpg
早朝雷雨、かろうじてカプリ島への船は出ていると言った中
ついてしばらくしたらふわーっと晴れ間が
b0309813_1334917.jpg
そんな奇跡をもってしても青の洞窟にはたどり着けず
帰路は快晴
b0309813_13343568.jpg
なんだったんだという光のスペクタル
b0309813_1510728.jpg

自分でも美しいものは見つけられるさ
青の洞窟並みの綺麗な光景だったと思い込むことにして笑

続いてソレント、アマルフィとドライブ観光
b0309813_15103775.jpg
b0309813_15112631.jpg

素朴な街並み
海に天井から一箇所だけ光が差し込む美しい光景
b0309813_15114476.jpg

ナポリ
旅の動機は人形町の名店イルタンブレッロ
イタリアを愛してやまない彼らの姿を見続けてたから
みてみたかったナポリ
なのにナポリには泊まっただけで
街に行く時間なし
力づくでなんとかいけたのがa' figlia d'o MARENARO
大坪さんに教えて貰ったお店
b0309813_13365100.jpg

ナポリの荒くれドライバー
アントーニオのカーレースばりの運転と
安全に入って帰れるのかというスリリングさの中で
ひとときの安らぎ
今でも思いだせる至福の美味しさ!!
どうやらアントーニオもお気に入りの店だったらしく
”a' figlia d'o MARENARO  最高だ〜!!”
みたいなことを突然ハンドルをはなして絶叫するテンション
お店の人にはまるで自分が紹介した空気で、「ありがとな」と
肩をポンポンされていた。

いやいや大坪さんですからね〜って
私は思ってましたけど・・
b0309813_13364381.jpg

その夜
涼もうと窓を開けて夜のナポリの風に当たっていたら
鈴虫がないていた
ここにもいるんだね〜と
日本をふとおもいだす

ポンペイ遺跡にて
コンタクト落とす
視点を変えろという啓示か?
b0309813_13443634.jpg

このわんちゃんの下がまさに現場
これほど遺跡にへばりついて土をさわりまくるとは
なんの因果
しかも落とす前に写真までたまたま撮ってる妙 

後世、私の遺品が発掘されるかもと
ロマンをのこしたこととして

ローマ最終日
b0309813_1425033.jpg
前夜の作戦会議をベースに
早朝から遅くまでひたすら歩きまわる
b0309813_1435990.jpg
マーケットやサンタンジェロ城
b0309813_15323966.jpg
白亜の宮殿 エマヌエーレ2世記念堂
b0309813_15282339.jpg
太陽が沈むのや
たまたま遭遇したコンサートで出会った
透き通った声にうるうる
b0309813_1441412.jpg

b0309813_15442116.jpg

フォロ・ロマーノを眼下に丘の上からの夕暮れ
b0309813_1433839.jpg
コロッセオのライトアップ
b0309813_143259.jpg


バールのカウンンターにて隣り合わせた
夫婦のワインのセレクトを完コピ。
フランスの海沿いに住むロイヤーと
最終日の充実感の高揚を
旅の出会いの中で分かち合いたくて饒舌に
b0309813_15353573.jpg
大好物のアーティチョークの酢漬け
b0309813_1445771.jpg

帰り際
お礼に祖母の作った紙人形を渡すと
ちょうどその日アーティストやライターが集まる大使館のイベントに
着物をきた人がいて、はじめて実物を見たとこだったと
興奮して話してくれる

その日のほとんどの時間を費やしたヴァチカン美術館
b0309813_1463930.jpg
圧倒的な富
追随をゆるさない豪華絢爛さ
b0309813_15465493.jpg
b0309813_14243496.jpg

266代続く歴代の教皇が集めた品々は
歴史上の人々の作品にあふれている驚き
黄金の天井画
b0309813_15451799.jpg
両脇に並ぶ黄金のタペストリー
なんのてらいもなく解放された窓から
b0309813_15444789.jpg

秋の清々しい風が香水のように清涼感を運ぶギャップ

ラファエロの間
b0309813_1484753.jpg
アテネの学堂
ソクラテス ダヴィンチ プラトン アリストテレス
ミケランジェロ
時代を超えて
古代エジプトの哲学者たちをおなじ場に描くラファエロの想像力

They are here
どこかのガイドの言葉が耳に飛び込んでくる

I’m here !
時代をこえてみんながここにいる
そして私もここにいるんだ
人類は皆ここに
知を共有しているんだという湧き上がる喜びをかみしめた

システィーナ礼拝堂では
壁にある椅子にすわって
ガイドブックを膝に
なんでも答えてくれる有能な旅の相棒による
わかりやすい解説と共に
1時間以上ミケランジェロのシャワーを浴びる

4年の孤独な歳月をどこから描き始めたのか、
他の画家との違い
25才に描いた部分と60才に描いた違い

これをみたくてずっといたんだと
その地にいって

しばらくすると
本当に長いこと夢みていたんだったと気づかされる

自分のことなんてわかってるようで
みえていない
何かをおもった瞬間に
他のことに気をとられてほとんどわすれている
b0309813_1482416.jpg

それでもこんな風に
些細なおもいが積み重ねられて
時間をかけて形になる喜びもある

旅の思い出の香りを薫らせて
レクイエムを響かせた部屋で
本をひろげながら
[PR]



by regenesis | 2015-11-02 17:18 | 日々の出来事 | Comments(0)

差異を巡る覚書

初秋に熱中した本
野口三千三著 『原初生命体としての人間』
b0309813_21573959.jpg

からだをとおして真理を自分の内面に問いかけて
いく姿勢がつまっている

山海塾の天児さんもトークショーで野口三千三さんの話しを過去されていたのだから、
意識的に読んでいてもおかしくないのに、このタイミングでの出逢いでした

考え続けてきた感触が
またちがう言葉の使い方で表現されている新鮮さがあり夢中に

夏ころに読んでいた能楽師の本に
「和して同ぜず」という言葉は違う意見を持った人たちが和合することが大切で、
同じ意見になるのはよくない
ということがかかれていて

違いこそがいい
という価値に向き合うころ

差異を楽しめる唯一無二の相手が
私は美しいとおもうサルガドの写真を
「マグナムの写真家は戦争すら美しく撮ってしまう」といった

美しさを共有できるとおもったのに
思わぬ反応に
なんで私はこの作品を好きだと思うのか考えはじめました
b0309813_21572717.jpg


鳥や木や石の視点でみたら

朝の木漏れ日が
人に降り注いでるという光景なだけ

どんな状況だろうと平等に陽は注がれているという事実だけがある

まなざしはあるけど
人間の感情で撮ってないそのことが好きだと

絶対的な客観の視点についてや

人は多くのことを自分の持ってるメガネ(ものさし)
でものを見続けてるということ
度数も色もちがうということを意識せずに

そして差異がまねく争いという産物について

けれど
違うことをきっかけに自分に問い直していける
感じ方の差こそクリエイティブの源なんだと気づくと
あらゆる差が楽しく映ってくるような気がする

気圧と気圧の差が風を起こすし
その差が大きければ台風になるし 

環境の中で身につけた思考や文化の違いが
新しいものをうみだしていく
人と人の結びつきもすべからく

差異とはあらゆる存在の前提で

差異こそが全ての現象の源であると腑に落ちてからは
それまでの差異に対する恐怖や避けたいという意識が裏返る

と同時にバランスのとれた真ん中あたりに身をおいて
たえずその調和を探っていくからだの感覚など

この本はそんなずっとどうしたものかなーと取り出しては
見て見ぬ振りをしてきたキーピースへのヒントをくれた本

そんな折、からだの使い方が同じかもと
会って話しを聞いてみたかった甲野善紀さんに
先日、イタリアへ気配を逃がそうと空港に向かう道のりで遭遇し
幸運にも東京までの道のりをお話する機会に恵まれました。

スーツケースのもち方や幾つかの効率的な体の使い方の事例を教わるなかで、
竹刀を振り下ろす時の身のかわし仕方について、きいた話はまた思考のヒントに。

瞬発的に危険から身を守る時に蹴って逃げるという一番安易なからだの使い方を癖付けている。ということ。
いったん体についたくせを、再考することなく続ける日常の動き

考え方のくせもちょっとしたきっかけで、竹刀に当たりつづけているような現象から身をふせぐことができる。

野口三千三さんとの話しもお聞きでき、
奇跡を使い果たした感があったかもしれない貴重な出会いを幕開けに、
イタリアへは忍者みたいな感覚で行くことになりました。
その後、もうひとり成田でばったり遭遇しながら
なにかメッセージ性のある流れをおもわせる現象の連なりをみつめながら旅だった覚書。
[PR]



by regenesis | 2015-11-01 23:08 | 日々の出来事 | Comments(0)

Just Live Colorfully!
by regenesis
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最新の記事

築地ツアー 鮨女子部
at 2017-09-12 17:07
奄美の夏
at 2017-08-14 01:30
FANTASIA
at 2017-08-13 17:47
Lovely note
at 2017-07-02 12:46
10年ぶりに咲いた花
at 2017-06-23 22:52

フォロー中のブログ

最新のコメント

行こう行こう^^
by regenesis at 01:54
4代目! 暖かくなった..
by せき at 19:05
ぽてくん♩店主は4代目に..
by regenesis at 17:01
そうだね。所有もしないし..
by regenesis at 08:09
所属するところは、心の居..
by shin at 17:44
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 15:34
ありがとうございます。あ..
by regenesis at 16:08
木登り気持ちよかった~。..
by regenesis at 16:06
こんにちは お誘いあり..
by tsuki-sirousagi at 10:26
空気がきれいって感じがす..
by tsuki-sirousagi at 10:24

最新のトラックバック

外部リンク

検索