Re Genesis! 第2章

カテゴリ:ART( 8 )




三日月の冠

b0309813_295869.jpg
事実と実感と意識と表現
その間にあるのは
creativeな空間

BodylighteningとARTの
未知なる時間を求めて
今年も新しく出発します。

そう記した今年の年賀状
予感と意識が確かに
向かう先に道を作るのを実感

アートを手段として活用して、
自分をもうひとつ先へと運ぶ原動力とする。

私にとって、ボディライトニングの施術はまさにアート。
施術者として立つ自分は、公に提供する一つの表現でもあるし、
体験する人が自分自信を変化させていくアートそのものになるともおもっている。

先日、銀座の画廊の夜会にて知り合った
東大生と、武蔵美生
知性と感性のタッグを組んだ二人の女の子が
この春はたらける美術館というアート空間を提供する事業をはじめている。

このコンセプト私のツボなので応援中。

私の部屋も
バーバラのアボリジニアートや相原さんの写真を飾って
プチ美術館といえなくもないので、
その心地よさは、ある意味実体験済。

アートは自分の一番美しい可能性を引き出すきっかけをもっているから、
そこにいつもあって、そのエネルギーをあびていたら
未来へと橋渡ししてくれる気がする

目的地へ健やかに運ぶ手段としてのアート。
であるなら「働く」と組み合わせる
はたらける美術館のコンセプトはなかなか頼り甲斐がある。

アートがある空間というのは
何もない空間に比べて脳が活性化するらしいし
なにしろ目や心が潤う


「働く」と「美術館」をマリアージュさせて
場の次元を上げることを試みている彼女たちと

であえたというのもきっと感性でつながるアートの力だ

アートのある空間が向かわせる先には
出逢いがある
きっと

私の密かな野望は美術館を貸し切って、
夜にワインを飲みながら
大の字になって眠ることだけど

本当はそんな日常を小さいながら生み出せる

アートを生活の中において鑑賞するのは楽しい
陶器や漆器など実際に使えるものへの興味もあるし
自分で作ったものを飾るというのも楽しい

頭上にある絵がふたつ
さて
ごろんとしようかな。

はたらける美術館
http://art-housee.com/yoyogi/

Body Lightening Atelier Afua
http://arlesarulu.wix.com/regenesis

[PR]



by regenesis | 2016-06-08 02:25 | ART | Comments(0)

夢の宮殿

b0309813_1812628.jpg

秋が長く続けばいいと思っている私は
冬の訪れには鈍感です

手の冷たさをふいに感じて

紅茶にカルバドスを落として飲みたくなって
そろそろ秋を手放さなければと知る

秋はいち早くさぐるくせに
脳をだますのは得意なの

からだの内側で何かがカクッと動くと
私の踊りは無音からはじまる
からだが動きたいように空気の重さをすくい上げたり
流れに沿わせてみたり
オーラを感じながら施術するのに似て
空気の層をぬって
踊りだしたくなる

家具をぬって
うごかす
そこがいい

観客はいない
とりとめない表現

わたしの絵もわたしの文も
おどりも
たまに見直すと

同じ気配

私が持っている核はもっと
はっきりした色なのに
にじませて
表現される

他人事みたいに

表す一部に
だまされないでと
思ったりもする

が、そんな心配もいらない

みんなは賢い
だまされてるのはきっと私自身

部屋に戻って
気分のあう音を探して

なんておいしいっ

そうおもいながら
カルバドスが香る紅茶をふくむ

さて

氷の花火 
山口小夜子さんの生き様を記録する映画をみた

忘れがたい人
忘れられない人
ということばに集約されるとおもう

ランウェイをなめらかに歩く姿がなんども心によみがえっている

わたしも魅入られたひとり

それは着物をきた女の人のやさしい足さばき

花魁がぽっくりを綾のようにからめとりながら歩くのに似て

やわらかく包み込む美

シンボルのようにみえる
印象的な髪型やメイク
流行をしめだすように
一見
頑なにみえる変わらなさは
日本の文化でいう型だ

その内側は
こんなにも柔軟に革命を起こし続けた
人だったのかとそのギャップに驚く

からだという入れ物をとおして
じぶんの内側をさぐる
おどりだす動機に親近感も感じて
切なくなった
会ってみたかった人をまたひとり見つけて

春の頃
幸運というほかおもいあたらないほどの幸運さで
この映画の中のシーンを撮影している場に居合わせた
「小夜子さんはね」
そう他人事のように自分をかたる客観性をもっていた人

もの音をださないように
息をこらして耳を澄ましたあの日

求められる自分をほんわりと
眺められるひとだったのをしる

仕事を受ける時の意識
収録されていなかった言葉もいま思い出される

なんて宝のような時間だったか
いま、この作品に出会えて
また心が潤う

夢の中で会ってみたい

「あなたと話してみたいです」
心のポストに手紙を投函した

いつか返事がくるかしら
[PR]



by regenesis | 2015-11-23 18:47 | ART | Comments(0)

伏線ではなく堆積

b0309813_2154593.jpg

山海塾の衣装は素敵で
花嫁衣装などへのニーズなどもあるのではないかと思う

洗った麻なのか
ツヤをのこす麻か
明確な指示のもと長年の呼吸で
作られるのだそう

特徴的な耳飾りは


血を連想させる

耳が流血するのは相当な危機的状況

一種の覚悟を表し
舞台に立つ前に
その飾りを身につけることは
ひとつの儀式のようなものと聞いた

新作の耳飾りが
釣具の浮きときき

海を題名にした作品との関連性に
「そういう伏線があるんですね」というと
しばらくして「伏線じゃなくて堆積」と
美しい仕草とともに語られた

演劇が言葉や演出を伏線的に
横軸に展開していくのとは
明らかに違う

縦の流れであると確かに思う

写真も縦の構図が好きなのと
山海塾が好きなのはきっと共通している

それは降りてくるエネルギーのベクトル
[PR]



by regenesis | 2015-06-11 21:51 | ART | Comments(0)

Weavings

Teeming sea, Tranquil Land
b0309813_20564569.jpg

山海塾 「海の賑わい 陸(オカ)の静寂ーめぐり」

2015年5月20日〜24日
世田谷パブリックシアター
演出・デザイン・振付 天児牛大

エレガントの極み
包容力と品
優しさと美しさばかりが
心にのこる

誰の中にも確かにあるけど
表されるのを待っていた幻想

海底でも陸でもない

時を特定できない
鍾乳洞に似た

瑠璃と
エメラルド

寄せては引いていく
波のように
包み 包まれる
ゆらぎ

心に溶け込んでいく深い愛

回りの中にいきる命への尊厳

空間が黄金に染まる最後が極上に気持ちいい
b0309813_2057331.jpg

[PR]



by regenesis | 2015-06-09 16:05 | ART | Comments(0)

木と刺繍

b0309813_23293292.jpg

木片に錦糸を刺していく行為は
独創的だけどどこか異質

木という素材に刺繍をという違和感

しかし実際の作品をみると
ぬくもりと、
美しい品を感じます

蛹から蝶へ
新しく生まれ変わったように

ちょっとだけおめかしして
はにかんだような
清々しさは
作家のもつ素朴さと重なりました

2015.3.29まで
素敵な空間です
[PR]



by regenesis | 2015-03-26 00:40 | ART | Comments(0)

ニシハラ⭐️ノリオ展

人生初の被り物
と言いたいところですが
散々被ってきた日舞の鬘も被り物か

童心になって
かぶりたいだけ被る
思う存分に
笑い転げた日
b0309813_23591286.jpg
作家のニシハラ氏と会場に居合わせた人たち
b0309813_23595317.jpg
b0309813_005634.jpg
キュン♩
b0309813_024668.jpg
馴染んでる
b0309813_022166.jpg
↓カバの被り物を特注した愛すべき人
b0309813_0281.jpg
神々しいばかりのコーディネート
b0309813_0123879.jpg
ねずみを追いかける猫
b0309813_010477.jpg
ゴージャスにまとって
b0309813_013581.jpg
なにか生えてるね
b0309813_0145113.jpg
あ〜たのしかったぁ。
b0309813_03059.jpg

[PR]



by regenesis | 2015-03-26 00:37 | ART | Comments(0)

A little moment

見たら虜
再演に次ぐ再演の
プラチナチケット
b0309813_23531923.jpg

Show case Big 4 Vol.2
On 21.MAR,2015
原田薫
YOSHIE
Oguri
松田尚子


見てるのは音
残るのはリズム
踊るからだからあふれる音楽

細胞に電流走ります

何度も記憶から取り出して再生できたら
どんなに楽しいか

まるでいい音楽きいてほろ酔って帰るときの
なんて楽しいの~な気分をぎゅっと濃縮した感触

踊りを超えてた
MUSIC!!!
興奮の中で友と語らう夜
[PR]



by regenesis | 2015-03-25 16:19 | ART | Comments(0)

RYOTA AOKI 「王様達のTea Bowls」

Art Fair Tokyo 2015にて

今までに見たこともないような色とりどりの器
陶芸王国の王様や王妃が使うことをイメージしてるらしい
両手で包んだ感触もなにしろファンタジーな世界へといざなう気がする
b0309813_2350343.jpg

Arte Classica  
Ishiguro Galleryにて3/28~4/26開催
b0309813_23503424.jpg

[PR]



by regenesis | 2015-03-24 10:58 | ART | Comments(0)

Just Live Colorfully!
by regenesis
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新の記事

本業
at 2017-10-22 21:19
scrap & build
at 2017-10-22 20:13
あきの月
at 2017-10-06 01:14
空色の衣の行方
at 2017-10-05 00:49
築地ツアー 鮨女子部
at 2017-09-12 17:07

フォロー中のブログ

最新のコメント

行こう行こう^^
by regenesis at 01:54
4代目! 暖かくなった..
by せき at 19:05
ぽてくん♩店主は4代目に..
by regenesis at 17:01
そうだね。所有もしないし..
by regenesis at 08:09
所属するところは、心の居..
by shin at 17:44
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 15:34
ありがとうございます。あ..
by regenesis at 16:08
木登り気持ちよかった~。..
by regenesis at 16:06
こんにちは お誘いあり..
by tsuki-sirousagi at 10:26
空気がきれいって感じがす..
by tsuki-sirousagi at 10:24

最新のトラックバック

外部リンク

検索