Re Genesis! 第2章

FANTASIA

どのようにこの世界に存在していているかはちょっと人には伝わりにくい。

いろんなものがサプライズで贈られてくる
その包みを開けては喜んで、そして遊んでいる。

時空を超えて
どこからとなく
やってくる本は中でも
とっておきの贈り物

この夏のライナップはこんなかんじ。
b0309813_16311867.jpg
『発酵文化人類学』小倉ヒラクくん

この発酵の本は読み終えると著者であるヒラクくんとまるでお友達になった気分になる。
(あったことないけど^^)
ヒラクくんのこの本面白いよーと
奄美大島に行く前に由美子さんに薦めて、
旅にもちろん携えたかったけど
スーツケースの重量をできるだけ軽くしなければいけない事情があり
なくなく家に置いていったら

旅先で由美子氏が買って持ってきていた。
「みかこ、読みたいかと思ってー」だって
以心伝心ですか?
「やったー」と海辺で結果的に読めてしまう不思議。

旅から戻り、さらに完読したら、あとがきで
「僕はいま奄美大島にきています。」とあるじゃないですか。

この世は異次元ポケットだらけだよね。
仮装現実をいきているだけに、ルールは自分好みにカスタマイズ。
居心地の良さをもとめて望みは叶うシステム!

『音、沈黙と測り合えるほどに』 武満徹 著

伊東さんにある質問をしたら
この本を薦めてくれました。
ずっと前から読みたいと思っていたのを忘れていた
そんな懐かしさを覚える本。
言葉の密度で胸がいっぱいになってしまうので
ゆっくり大事によんでいる。

松岡正剛氏とドミニクの『謎床』はインターネット用語で
さっぱりわかんないという部分とたまにピンとくる部分と。
いろんな本と並行して読んでいる最中。

縄文の地をたどる中沢さんと坂本さんの本。
二人のツーカーさを前提としていてその場の空気感を内包した装丁の質感にも魅了される。

なんだかんだ
読むのが好きなので完読するけれど
たとえ読まなくても気になって手元に置くだけでもいいと思っている。
エネルギーは物から溢れているし
読まなくても受け取る方法はあるしね。

時がきたら人に渡すための本などもあって
『海からの贈り物』という本は
海の日生まれの若い女の子へのこの夏の贈り物に

受け取ったとき、ピンとこなくても

時がきたら意味をなす
そんな贈り物がいいじゃないかと思っている。







[PR]



by regenesis | 2017-08-13 17:47 | 日々の出来事 | Comments(0)

Just Live Colorfully!
by regenesis
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新の記事

本業
at 2017-10-22 21:19
scrap & build
at 2017-10-22 20:13
あきの月
at 2017-10-06 01:14
空色の衣の行方
at 2017-10-05 00:49
築地ツアー 鮨女子部
at 2017-09-12 17:07

フォロー中のブログ

最新のコメント

行こう行こう^^
by regenesis at 01:54
4代目! 暖かくなった..
by せき at 19:05
ぽてくん♩店主は4代目に..
by regenesis at 17:01
そうだね。所有もしないし..
by regenesis at 08:09
所属するところは、心の居..
by shin at 17:44
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 15:34
ありがとうございます。あ..
by regenesis at 16:08
木登り気持ちよかった~。..
by regenesis at 16:06
こんにちは お誘いあり..
by tsuki-sirousagi at 10:26
空気がきれいって感じがす..
by tsuki-sirousagi at 10:24

最新のトラックバック

外部リンク

検索