Re Genesis! 第2章

テレーズラカン

学生の頃に見た伝説のTPTプロジェクト「テレーズラカン」
デヴィット・ルヴォ―と若村麻由美、堤真一の奇跡の舞台をとも熱狂した親友は
朝の連ドラ風にいうと腹心の友といえる
b0309813_0123818.jpg

鮮烈な
ファムファタル(宿命の女)を描いたこの舞台は二人の人生感に大いに影響してしまった気がする。

そんなルヴォーと若村麻由美の奇跡の組み合わせ
「昔の日々」というタイトルの舞台を見逃した。
不覚としかいいようがない。
大阪まで見に行きたい気さえしているがどうだろう。。

この情報は伝えねば、
そんな私の周波数をキャッチするのが
ここ数か月定期的に施術をうけに訪れる彼女の勘の良さ

二人の存在が引き合っているのだろう

彼女との会話は
知識と知恵と経験とを織り交ぜて
濃厚な情報のやり取りとなる

隣席でその会話を聴いたら
人生観が変わるか
まったく理解できないか

録音しておいて
文字に起こしたら
いい資料になるのではと思うほど
私は楽しすぎて仕方ないのだけど

学者と画家の娘として生れ
例えるなら
「楔形文字とC言語を通訳するような訓練をし続けたから
論理と感性をうまく橋渡しをするのが自分の役割」と自分を分析する

どんな話の流れだったかはわすれたが、
「みかちゃん
希塩酸と水酸化ナトリウムを同量混ぜると食塩水になるんだよ。」

その昔、彼女の年の離れた妹が高校の化学の授業で学んできて
その化学反応を姉のようだといったらしい。

一見普通だけど
その原材料は
取扱い危険物が絶妙に組み合わされている
複雑性と純粋性

毒は毒だと思い込んできたし
毒は薄めることしかやりようがないと思っていたわたしにとって
衝撃的な事実であり、なおかつとんでもなく救われる気さえした


どれだけの毒物もバランス次第で無害となる
中庸がどれほどこの世界に必要とされているかがわかる
なんて素晴らしい事実だろう。

酸性とアルカリ性
あなたもわたしも
じつはそんな絶妙なバランスを生きているのかもしれません。
[PR]



by regenesis | 2014-06-19 00:20 | 日々の出来事 | Comments(0)

Just Live Colorfully!
by regenesis
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

築地ツアー 鮨女子部
at 2017-09-12 17:07
奄美の夏
at 2017-08-14 01:30
FANTASIA
at 2017-08-13 17:47
Lovely note
at 2017-07-02 12:46
10年ぶりに咲いた花
at 2017-06-23 22:52

フォロー中のブログ

最新のコメント

行こう行こう^^
by regenesis at 01:54
4代目! 暖かくなった..
by せき at 19:05
ぽてくん♩店主は4代目に..
by regenesis at 17:01
そうだね。所有もしないし..
by regenesis at 08:09
所属するところは、心の居..
by shin at 17:44
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 15:34
ありがとうございます。あ..
by regenesis at 16:08
木登り気持ちよかった~。..
by regenesis at 16:06
こんにちは お誘いあり..
by tsuki-sirousagi at 10:26
空気がきれいって感じがす..
by tsuki-sirousagi at 10:24

最新のトラックバック

外部リンク

検索