Re Genesis! 第2章

2018年のはじまりに

b0309813_16021413.jpg
わたしたちは十分大人っぽくなりすぎたので

思う存分ふざけていこー


暮れの慌ただしさの中にも

静かな神々しさと

私たちが描く物語が楽しくて

けらけら大笑いした年末


去年を通じて学んだ中に

生き永らえるための仕事は自分の複製に預け

原本の私は、歌ったり、踊ったり、食べたり、飲んだり、

誰かに喜んでもらえることをしたりして

この世界へ自分なりの恩返しをしていこうという心持ちでいいかなと


去年から

この世界を2歳児の好奇心で

いきることにしています。


人が夢見る極楽は案外身近に隠居生活を楽しんでいる両親や

自分が渡した枯葉をキリンがぺろんっとたべてくれたことを

「やったー」と跳ね上がって喜ぶ2歳になる甥を見ていると

生き永らえることが目的になりすぎたこの世界から

距離をおけることに気付かされます。


誰かのヒントが人生の道を照らし、導いて、

あるとき

とっても素敵な景色や場所に連れて行ってくれる

そんな経験を何度もなんども

したわたしは


私の脚本と演出家である魂の腕の良さに全幅の信頼をよせています

b0309813_16042376.jpg

可能な限り

おっきな一歩


行ってくる顔と

戻って来る顔が

違う


そんな一年を過ごすことになるだろうということしの宣誓。






[PR]



# by regenesis | 2018-01-04 16:06 | 日々の出来事 | Comments(0)

願いが叶うキャンディ

b0309813_01051937.jpg
冬至

ここから節分までの時間

どんな景色をみていくのだろう


今日あったひとは

来年はたくさん奇跡がおこりそうな気がするの!

少女のよう目を輝かせていた


私にはあなたの存在が奇跡そのものだよ


海の底まで足をついて

海底を蹴り飛ばして もがいて

海面で酸素をすえた瞬間の景色


もがいてあがいていく姿も

その先にある喜びも

すべてみせてくれる


どんなにあがいてもその魂をしっているから

揺らがない

ありたい自分とのギャップを責めたりしないで

かっこ悪くても

大好きだよと伝えたい人たちばかり


そして

その人への思いは

私への思いでもあるんだね


どれだけまわりの人に愛されているか。

どんなだろうと

真ん中の直球のとこを

信じていること


全力で許し許されているのを

なんだかいわずにはいられないほど

暖かい気持ちがあふれている


私たちは

必ずしも居心地がよいとは言えない

物や人との距離感の中で生きていて

自分が思うより、自分を痛めている


責めるべき何かなど幻想に過ぎないのだから

ただいたわって大事にしてあげよう


この前聞いた話では

神社に参拝するとき

参道をとおって

鏡を前に出会うのは


産道を通ってやってきた

生まれる前の素の自分なのだそう


生まれる前の青写真と今をすり合わせていく

異次元データバンクとしての神社


時空を超えて蓄積された願いの中で

自分が得意なことを引き受けて、

誰かの願いを引き受けて

巡り巡って

願いを叶いあう


私たちのDNAは思いやりがつまっていて

自分の得意なことで喜んでもらう

贈与で循環する自然経済を

原初に組み込んでいる


ことし

会えた人も会えなかった人も

いろんな人のことを思う

年の暮れに


一人一人の中に素の自分がいて

自分でアップデートしていく自律的な仕組みの中で

自分と他者がともに叶えあっていく社会を

来年も楽しんでいこうとおもいます。


[PR]



# by regenesis | 2017-12-22 13:59 | 日々の出来事 | Comments(0)

アルパカのぽっけ

b0309813_01282118.jpg
白のアルパカのコートにはひみつがあって

コーヒーの生豆が一粒ポッケにはいってる

ぽっけにはいってるのを

うっかりわすれてるので

手にそのかたちを探しあてるたびに

いつもはっとする

歩きながら指先はかたちをなぞってはその素朴な手触りに

うっとりして

それにまつわる記憶がおもいだされて

ほっとする

そんな繰り返しをなんども

冬の間

その白の温かさをまとうたび

心が温まっているのを

かきとめたくなった

b0309813_01282599.jpg


[PR]



# by regenesis | 2017-12-20 01:51 | 日々の出来事 | Comments(0)

本業

b0309813_21115249.jpg
夏の旅
奄美からもどってするすると
決まってしまった
とあるブランドの事務所にて
人事などしている

空いた時間に
みたいな気軽な気分だったのが
そういうわけにもいかず
なんだか
そこはかとなく心がとらわれている

先日
めまいが
はきけが
とおやすみがちな女の子に

体調悪そうだけど、水飲んだほうがいいよ
と声をかけたら

わたし水がのめないんです。
一滴も飲まない日があります。

とのびしろいっぱいのお返事

血液と水と腸の関係を話して
飲んで様子みてみたら?っと
いったけど
実践してみるでしょうか。

体調が悪いから水がのめないのか
飲まないから体調がわるいのか

彼女なら変化を目の当たりにできるけど

健康には薬のように
美容には媚薬のように
水に宿る生命のエネルギーを体内に取り込むことは
もはやわたしのあたりまえの文化

イタリアに行きたければイタリアの天然水を
フランスに行きたければフランスの水を

大地で濾過され、その記憶を宿す水という名の生命を
からだの隅々へ届ける

そしてその縁がこのからだを導いていく

もはやあたりまえになりすぎてることがありすぎて
いうことすら忘れている
ふと立ち止まる機会があたえられるのも意味がありそう

天のはからいでおかれた場なのは重々承知
目の前の事にとらわれすぎてた

何を相手から引き出して
どんな自分がひきだされるのか

地球とからだのしくみのこと
久々にはなしてたら

これがわたしの本業だから

ときりっと
思うわたしがいた












[PR]



# by regenesis | 2017-10-22 21:19 | Comments(0)

scrap & build

b0309813_20115114.jpg
かたちあるものは何もない
のこすものもない
ないものづくしで
わらっちゃう
と自嘲ぎみな気分にたまにはなる
そんなときはたいてい
私の目が節穴なとき

友をなくし
どうゆうこと?と
揺れ動く心にザクザクと深くハサミを入れたら

愛だけがのこった。
もっと傷つくかとおもったのに。
それは
魂の旅路を肯定することだった

何をなくしても
ただ愛だけがのこる

こうなったら
図太く生きながらえる

いつでも
決意のもとに
うまれかわれる。
なんどでも生き直す。

そうおもえるのは
この道をいつも照らす存在があるから

ほんのちいさなことのなかに
メッセージがあふれている

ちゃんと伝わってるよ
毎日のように
たすけられ
とどまらせ
道をしめされる

こんなにも
手取り足取り
子供のころのおどりのお稽古みたいに
身体の後ろから祖母が頬をはさんで
いち に さん と首をふらされたのを
おもいだす。

魂がよりそうなら
それでいい

またどこかで交差すればいい。
境目のない世界のはずだけど
私の目にはまだあるこの
境界線だらけの
世界が

いつか
交じり合うなら
そのときはいさぎよく
ゴールしたい












[PR]



# by regenesis | 2017-10-22 20:13 | Comments(0)

Just Live Colorfully!
by regenesis
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

2018年のはじまりに
at 2018-01-04 16:06
願いが叶うキャンディ
at 2017-12-22 13:59
アルパカのぽっけ
at 2017-12-20 01:51
本業
at 2017-10-22 21:19
scrap & build
at 2017-10-22 20:13

フォロー中のブログ

最新のコメント

行こう行こう^^
by regenesis at 01:54
4代目! 暖かくなった..
by せき at 19:05
ぽてくん♩店主は4代目に..
by regenesis at 17:01
そうだね。所有もしないし..
by regenesis at 08:09
所属するところは、心の居..
by shin at 17:44
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 15:34
ありがとうございます。あ..
by regenesis at 16:08
木登り気持ちよかった~。..
by regenesis at 16:06
こんにちは お誘いあり..
by tsuki-sirousagi at 10:26
空気がきれいって感じがす..
by tsuki-sirousagi at 10:24

最新のトラックバック

外部リンク

検索